【Unity】急にビルドができなくなった時の解決方法(Android)

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

ビルドができなくなった時の解決方法

環境

Unity 2019.3.0f3

作成したアプリはAndroid 向け

子供向けアプリの9割が完成し、GooglePlayへのリリース用にビルドしようとしたある日、Unityのコンソールに恐怖のメッセージが出た。

1 exceptio was raised by workers: See the Console for detalis.

「ビルドに失敗したからコンソールを確認してね」との事。

ふむふむっと、コンソールを確認する私。

コンソールには“138個のエラーによりビルドできません” と表示されている。

昨日までは普通にビルドできていたのに・・・

あまりの衝撃に停止する思考。こんな致命的なエラーは初めての経験だった。コンソールに表示されるエラーをポチポチ眺めてみるが、具体的なエラーを特定できない。

・・・FUCK。万事休す。絶対絶命。

なんだか良くわからないけど明日には直ってるだろ。はは・・。

そんな感じで、私は寝ることにした・・・

翌日。やっぱりエラーのままでした。

つまり、再起動しても無駄。

まずは結論

皆さん忙しいと思うので、今回の解決方法を結論から言うとUnityのプロジェクトをエクスポートして、Android Studioからビルドすると上手くいきました。

「なんだそんな事かよ!」と思った方はソッとブラウザを閉じてください。

それでは解説していきます。

エラー内容を見ていくことに

腹を括ってエラー内容を一つずつ見ていくことにしました。

エラーの中で原因を特定できそうなものがコチラ。

UnityEngine.GUIUtility:ProcessEvent(Int32, IntPtr)
Files\Unity\2019.3.0f3\Editor\Data\PlaybackEngines\AndroidPlayer\SDK\build-tools\28.0.3\package.xml. Probably the SDK is read-only
package.xml. Probably the SDK is read-only
android.bundle.enableUncompressedNativeLibs=false' is experimental and unsupported.
Deprecated Gradle features were used in this build, making it incompatible with Gradle 6.0.

英語で表示された138個のエラーをGoogle翻訳で一つずつ和訳するという地獄の行進を行った結果、なんとなくわかったことが二つ。

  • AndroidをビルドするためのSDKが読み取り専用?
  • Gradleってのが関係してる

まずはSDKを入れ直ししてみましたがエラーは解消せず。ってことはGradleが原因か。

Gradleとは何か?

Unityでビルドした時に進捗ゲージが止まるのがGradleの部分です。Building Gradle project を完了できずにエラーを吐き出す感じでした。

そもそもGradleって何なの?グラドル?巨乳なの?ってことでGradleを調べました。

Gradleは、いくつかのビルドプロセスを自動化し、多くの一般的なビルドエラーを防止するAndroidビルドシステムです。

Unityマニュアルより引用

UnityはすべてのAndroidビルドにGradleを使用します。Unityで出力パッケージ(.apk、.aab)をビルドするか、UnityからGradleプロジェクトをエクスポートしてから、Android Studioなどの外部ツールでビルドできます。

Unityマニュアルより引用

Android Studio でビルドしてみる

【Unity2019対応】Androidビルドでエラーが出る場合の対処法

こちらのサイトのUnity2019を参考に、UnityのデータをエクスポートしてAndroidStudioでビルドする方法を試してみる。

まずはUnityからエクスポート

エクスポートの仕方は、Unityでビルドする時に「プロジェクトをエクスポート」にチェックを入れるとエクスポートできます。

出力先は自分で忘れないところに出力してください。

Android Studioでビルドしていく

UnityからエクスポートしたファイルをAndroid Studioでビルドしていきます。

  • Android Studioを起動する(持ってない人はダウンロードしてください。無料でダウンロードできます。)
  • エクスポートしたプロジェクトを開く( File → Open
  • ツールバーの Build から Generate Signed Bundle / APK を選ぶ

注意)私の場合は、ファイルを開いた段階で Gradle の更新を求められたので更新を行っております。

リリース用にビルドするので、今回は「Android App Bundle」でビルドしていきます。

Store用のキーを作成します。すでに公開していてKeyがある場合は「Choose existing…」を選択してください。今回は新規にKeyを作成しますので Create new… を選択します。

Keyについて情報を入力していきます。Validity (years) は50年にしておきます。

Certificate は自分の情報を入力しましょう。完了したらOKを選択。

それぞれパスワードを入力して Next を選択します。

今回はリリース用にビルドしたいので release を選択します。そして Finish !

無事にビルドできました。

エラーと戦うこと二週間、私はこのデータでGoogle Playにリリースできました。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました