パチスロを作ってみた(モデリングPart2)

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

パチスロのリールを作ってみよう

前回の <<< Part1 <<< では筐体を作成しました。今回はリール部分です。

Blenderでリールを作成して最終的にはUnityにエクスポートしたいと思います。

とりあえず、オブジェクトの作り方とか、画像の貼り付け方とか、自分なりに調べながら試作していきましょう。

リールのオブジェクトの作成します

まずはShift + Aから円柱のオブジェクトを追加しましましょう。

ちなみにデフォルトの状態だとリールの図柄部分の辺の数は32辺あります。

リール1周を21コマで作っていきますので、ちょっと辺が多いですね。

これでも良いですが、1コマあたりの辺数を3くらいにして滑らかなリールにしたいと思います。

オブジェクト追加してすぐは、画面左下から辺数を変更できますので、21コマ × 3 = 63辺にしてみましょう。

スケールは下の画像の通りにします。

ついでに回転Xも90°にしましょう。

これでパチスロのリールっぽくなりました。

図柄画像の貼り付け

私が大好きな5号機アリストクラートの「恐怖新聞2」の左リールを勝手に拝借して、オブジェクトに貼り付けてみます。ありがとうございます!

ちなみにこの恐怖新聞2のリールは21コマ。

つまり、こんな感じのリールになります。

今回のリール情報

・図柄1コマのサイズは150×66 Pixel
・リール1周は150×1386Pixel
・絵柄は21コマ
・リールが一周するスピードは約0.78秒

この画像をオブジェクトに貼り付けしていきましょう。

まずはオブジェクトをUV展開

リールオブジェクトを展開図みたいにして、リール画像を貼り易くします。

編集モード → 辺選択 → 「alt + 選択」で左右の辺を一周と横一本だけ選択します。

その状態で、UV → シームをマーク

選択していた辺が赤くなったら Aで全選択し → UV → 展開

オブジェクトに画像貼り付け

作成したリールオブジェクトに恐怖新聞2のリール画像を貼り付けていきましょう。

なお、途中でエラーが出る場合は下の方にエラー対応を載せていきますので参考にしてください。

UVEditing → 画像 → 開く → リール画像を選択。

このUV展開したものを移動や縮小したりしてリールに沿わせます。

ちなみにリール側面用の灰色部分もリール画像に含めて一枚の画像にしました。

もっと良い方法があったら教えてください。

オブジェクトにマテリアルを作成します。

マテリアルメニューの + → 新規 → ベースカラーの黄丸

画像テクスチャ → 画像下矢印 → 先ほどUVEditingで開いた画像を選択

これで完成です。マテリアルプレビューモードで見てみましょう。

きちんと1コマあたり3辺になっていますね。これをUnity用に書き出ししましょう。

その他の情報メモ
  • 押し順AT機などは20コマが主流らしい
  • 出目重視のリーチ目マシンは21コマが主流らしい
  • リールの直径は22.5cmから25cm(主流は25cm?)
  • 1分間に80回転を超えてはいけない規定があるため大体どの機種も75〜79回転くらい

Unity用にデータを書き出し

FBX形式という形でエクスポートすればUnityで使用できます。

方法についてはわかりやすい記事がすぐにヒットしますので「FBX形式」で調べてください。

FBX形式でUnityに持っていったのがこんな感じです。

前回 <<< Part1 <<< は筐体を作成しました。

次回 >>> Part3 >>> はレバーやボタンあたりを作りたいと思います。

エラー対応について

ここから下は、UV展開時にうまくいかなかった事について調べた内容を、備忘的に残しておきます。

参考にしてください。

UV展開した時にエラーが出て展開できない

オブジェクトをUV展開しようとしたら、エラーメッセージが表示されUV展開できません。

「展開で1個(1個中)のアイランドが解決できません。シームを追加してみてください」

ちなみに「シーム」とは日本語で「縫い目」の事です。

下の画像の通り、UVEditingの画面で→UV→アイランドによるシームを行います。

展開した時に通知が出る

Blenderからの通知

「オブジェクトのスケールが均一でないため、非スケーリングバージョンのメッシュで展開します」

これは先ほど円錐のスケールを小さくした事が原因でした。

オブジェクトモード → 全選択 → オブジェクト → 適用 → スケール

これで通知が出る事なく「展開」が出来ました

コメント

タイトルとURLをコピーしました