パチスロを作ってみた(モデリングPart1)

この記事は約2分で読めます。

どうも、なおゆです。

完全に趣味で、パチスロを制作していきます。

3Dで筐体を製作し、リール制御などはプログラミングで動かしたいと思います。

これはPart1です。 >>> Part2はこちら >>>

作る方針

・プログラム部分はUnityで動かします(言語はC#)

・パチスロ筐体とリールは3Dで再現(Blenderというソフトを使用)

・6号機規制?よく知らんがな!

参考にするパチスロ筐体

私の一番好きなパチスロメーカーは今は無き「アリストクラート」です。

ネットで拾った筐体画像を参考にしていきたいと思います。

アリストは7図柄がカッコいいんですよね。

©︎アリストクラート

今回は「だるま猫」という機種をベースにします。

ちなみに私は「だるま猫」を打ったこと無いんだけど、参考にした理由は「線が少ない」から!

必要最低限の照明、役物。

それだけあればパチスロって十分なんですよね。

パチスロ筐体をCGで制作していきます

一般的なパチスロ筐体はこんなサイズです。

筐体サイズ
  • X軸 400mm
  • Y軸 475mm
  • Z軸 810mm

これはBlenderのベクトル軸で表記していますので、別のソフトで作成すす場合は注意してください。

この四角いブロックを伸ばしたり凹ませたりしていきます。

それとなくパチスロっぽくなりましたね。

まずは本体はこんな感じのバランスで。

そんで、下皿も付けましょう。

こだわりはココ!!

私は4号機→5号機に移行する時代にパチスロに熱中していました。

やっぱり思い出にあるこの「下皿の灰皿」!これだけは外せません!

BIG当選時にドヤで火をつけ…

この下皿で消すタバコが最高に旨いわけですね。

さらにヘッドランプとボタン部分を作り、リール枠をくり抜いて・・・

まぁこんな感じですね。

リール周りは >>> Part2 >>> になります。

レバーとかボタン周りは >>> Part3で >>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました